読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のアクマ

アニメの感想を書いたり書かなかったりするところ

咲-Saki-阿知賀編の準決勝大将戦と全国編の11話

阿知賀編の準決勝大将戦は、(点数だけ見たら)どこが勝ち抜けてもおかしくない接戦で、それだけあって、かなり緊張感のある戦いが見られたのに比べて、同じ接戦でも、清澄の二回戦大将戦は、いまいち緊迫感に欠けるなあ、と思っていたんだけど。

特に、宮守女子と永水女子。この2校は、麻雀打つのが楽しくて、もっと長く楽しむために勝ち進みたいって気分で参加してるようで。とにかく、楽しく麻雀打てればそれでいいというか。だから、彼女らの戦うさまに切実さが見えないのかと。そんなぬるい連中を、決勝まで進まなくては大会に出た意味がないとまでいいそうな覚悟で戦う宮永咲が、その無茶苦茶な能力をもって蹴散らしていく痛快な展開になるんだとすれば、今までの緊迫感のなさも納得のいくものになりそうです。