読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のアクマ

アニメの感想を書いたり書かなかったりするところ

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

12話(最終話)まで見た。

「はぐれ勇者の鬼畜美学」と「まおゆう」と「はたらく魔王さま」を足して割るとこんな感じかな、というアニメで、それぞれの尖った部分が削られて(良くも悪くも)無難なものになっていた印象。

2話でラウルがフィノに接客用語を覚えさせる話をやって、12話でラウルが接客用語を連呼しながらフィノを正気に戻す戦いをするとか、物語に大仕掛けがある訳じゃないけど、そこそこ安定してまとまってる。

まあ、最後にタイトルの「しぶしぶ」の部分が落ちるのはいいとして。中盤、フィノの前向きさを見て、ラウルも販売の仕事もまんざらでもないと思い始めて、そこで「しぶしぶ」の部分についてはある程度決着ついてるから、勇者の仕事を守るために魔王を敢えて倒さないでいたという終盤の話で、ラウルが勇者を目指していたことの馬鹿らしさを痛感させられる展開にはちと蛇足感があったかもね。